おすすめ記事:
外部相談窓口がおすすめ

ハラスメントを受けたらどこに相談すればいいのか?

あきらめないで!ハラスメント外部相談窓口

どこに相談したらいいのか

どこに相談したらいいのかの記事一覧

  • 相談の事前準備

    相談の事前準備

    ハラスメント問題を専門に扱う外部相談窓口を利用する前に、証拠を揃えたり、状況を整理したりなどの事前準備が必要です。証拠がなければハラスメントを客観的に証明することができず、「大げさに言っているだけ」「本当にハラスメントを受けたのか?」と疑問に思われてしまうからです。証拠として扱われるのは音声や動画などのデータ、チャットなどの文章、そして第三者である目撃者の証言です。音声をこっそり録ることは違法ではないので相手の許可は必要ありません。

  • 外部相談窓口がおすすめ

    外部相談窓口がおすすめ

    もしハラスメントを受けたらまずは信頼できる人に悩みを打ち明け、どうすればいいのか相談してみましょう。ただし、相談する相手を間違えると、悩みが周囲に広まってしまい、かえって大きな問題になってしまいますよ。話を親身になって聞いてくれて、一緒に解決方法を探してくれる人に相談しましょう。また、加害者が上司など職場で相談できないケースもあります。その場合は外部相談窓口を利用することをおすすめします。窓口をいくつか紹介していますので参考にしてくださいね。

  • セクハラに特化した窓口も

    セクハラに特化した窓口も

    介護職は女性の割合が多いので、セクハラ被害に悩んでいる人も少なくありません。施設の相談窓口に相談しても構いませんが、デリケートな問題ですし、場合によっては状況が改善しないこともあります。セクハラに特化した外部相談窓口なら悩みを理解した上で、適切にアドバイスしてくれるので1度利用してみてください。ここでは人権問題やハラスメントに関する相談、メンタルヘルス、女性に関する問題を扱っている窓口を紹介していますのでぜひ活用してくださいね。